さぽろぐ

  暮らし・住まい  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2008年05月17日

父の日ってこういう由来でできたんですね!なるほど!

母の日のお祝いにプレゼントを贈る習慣は、

日本でも結構定着している感じがしていますが、


父の日のお祝いにプレゼントを贈ることは、

母の日に比べると、まだまだ定着が弱いかなーと感じています。


父の日も、もっともっと大切にしてもらい、

いずれは幼い我が一人息子にも、父の日のお祝いのプレゼントなど

して欲しいなあと、気が早いですが思ったりしています。


それにしても、父の日っていうのは、どういう由来でできたものか、

気になったので、いろいろと調べてみました。


父の日のお祝いにプレゼントを贈る習慣は、

こんな理由で始まったそうです。




1910年にアメリカ・ワシントン州のドット夫人という一人の女性が、

彼女を男手1つで育ててくれたお父さんを想い、

教会の牧師さんにお願いして、父の誕生月の6月に

父の日礼拝をしてもらったことがきっかけと言われているそうです。


この当時はすでに、母の日が始まっていたため、

彼女は父の日もあるべきだと考え、

「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して

始まったものとされています。


ドット夫人が幼い頃、南北戦争が勃発して、

お父さんであるスマートさんが召集され、ドット夫人を含む

子供6人はお母さんが育てることになったのですが、

お母さんは過労が元でスマートさんの復員後まもなく亡くなりました。

それ以来、男手1つで育てられましたが、スマートさんも子供達が

みんな成人した後、亡くなりました。


そんな出来事を知り、

1916年アメリカ合衆国第28代ウッドロー・ウィルソン大統領の時に

父の日が認知されるようになりました。

そして1972年(昭和47年)になり、

アメリカでは国民の祝日に制定されました。



日本では、父の日のお祝いは1953年(昭和28年)ごろから

行われるようになったようです。


母の日のお祝いには、

カーネーションの花が代表的なプレゼントになることに対して、


父の日のお祝いには、

白いバラの花が代表的なプレゼントになっています。


これは、ドット夫人が、父の日に父親の墓前に白いバラを

供えたからとされているそうです。



確かに、母の日のお祝いがあるのに、

父の日のお祝いが無いんじゃー、お父さんは寂し過ぎますよね。


まあ、お祝い事はたくさんあった方がいいと思いますしね♪


そんな父の日のお祝いは、6月第3日曜日です。

父の日のお祝いに喜ばれるプレゼントをいろいろと探したいものです。







還暦祝いや記念日にはこんな陶器の赤いぐい呑みもいい

還暦祝いには赤いぐい呑みで祝いの酒を飲む

還暦祝いに感動のメモリアルDVDのプレゼント










あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(父の日のプレゼント)の記事
 父の日のプレゼントに有田焼のやきものはいかが (2008-06-13 20:57)
 父の日のプレゼントには、梅浪漫(うめろまん)ジュース (2008-06-03 08:24)
 父の日には「ザ・サントリーオールド」父の日パックのプレゼント (2008-05-25 22:17)
 父の日のプレゼントには、珍しい貴醸酒という日本酒 (2008-05-21 20:44)
 父の日のプレゼントには、こだわりの酒器ぐい呑み(ぐいのみ) (2008-05-18 08:00)
 父の日のプレゼントにDSソフトの「特定!メタボ塾」 (2008-05-15 22:35)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
父の日ってこういう由来でできたんですね!なるほど!
    コメント(0)